タミヤの本格RCモデル

ホビーRCだからできること

おもちゃの完成品RCが「トイRC」と呼ばれるのに対して、組み立てて、思いのままに走らせられる本格的モデルが 「ホビーRC」。 ボディの塗装やパーツを追加してのチューンナップなど思いのままに楽しめます。

ハンドルも、スピードも送信機の操作をリアルに車体に伝える!

RCカーを操縦する送信機はホイールトリガータイプが主流。ステアリングホイールで車の進む向きを、スロットルトリガーでスピードを調整。ブレーキやバック走行も可能です。さらに、ホビーRCは送信機を操作する量や速さもそのまま車体に伝えられ、小さなカーブをゆっくり走らせたり、高速コーナリングも思いのままです。

友達とレースも楽しめ、パーツを追加してチューンナップも楽しめる!

タミヤのRCモデルの多くは組み立てキット。完成させるには多少知識が必要ですが、詳しい説明図にそって進めば組み立てはスムーズ。車体の構造や仕組みもよくわかり、がんばって作ったマシンだから愛着もいっそう。また、友達とのレースも楽しめます。もちろん、走らせれば故障やトラブルはつきものですが大丈夫。RC販売店で補修パーツが買えるので、自分で修理も可能。さらに操縦になれたらチューンナップも自由自在。豊富なオプションパーツで、自分だけの個性的な1台に仕上げられるのもホビーRCの魅力です。

たくさんのラインナップからお気に入りのRCカーを選ぼう

スタイルのかっこよさ、走りのメカニズムの面白さ、それともオンロードかオフロードか走る場所で選ぶ? 豊富にそろったタミヤRCモデルのラインナップの中からお気に入りの1台を見つけること、そこからワクワクのRCライフがスタートします。自分のライフスタイルにピッタリな、とことん遊べる頼もしいパートナーをじっくり選んでください。

マシンをコントロールするRCメカ、走行用バッテリーや充電器も必要

RCカーの他に必要なのが、マシンを操縦するための2チャンネルプロポセット。送信機、受信機、サーボ、ESC(スピードコントローラー)がそれにあたります。中でも、今主流の2.4Gモデルがおすすめ。バンド調整が必要ないので、友達を集めてすぐに何台ものマシンで同時に走行が楽しめます。送信機はホイールトリガータイプと呼ばれる形が最適。その他に走行用バッテリーや充電器も必要です。

おすすめは「ファインスペック2.4G電動RCドライブセット」。ホイールトリガータイプの送信機をはじめ受信機、サーボ、ESCの2チャンネルプロポセットに加えて、走行用の7.2Vバッテリーと専用充電器もワンパッケージ。走行までに必要なものがほぼそろっています。

組み立てに欠かせない工具も忘れずに

組み立ての善し悪しが走行性能を左右することもある組み立て式のRCカー。だからこそ、必要な工具はぜひ揃えたいアイテムです。パーツを切り離すニッパーやカッターをはじめ、プラスドライバー、マイナスドライバー、さらにボックスレンチや六角レンチドライバーもあると便利。タミヤの工具なら精度も高く、RCカーに使用するビスなどのサイズにジャストフィット。組み立てやメンテナンスがスムーズに進むだけでなく、パーツを傷めることもありません。

箱から出してすぐに遊べる本格的な車体構成の完成RCカー

組み立て&塗装済みのRCカーと、走行に必要なRCシステムをワンパッケージにしたのがXBシリーズ。箱から取り出してバッテリーを充電すれば、すぐにダイナミックな走りが楽しめます。もちろん、車体構成はキットRCカーと同じですから、セッティングやチューンナップも可能、走行性能を高めることもできます。

知っておきたいマナーとRCカーの取り扱い上の注意

はじめて操作する人にとってはRCカーのスピードは速いと感じるかもしれません。基本ルールやマナーを守ってお互い譲りあい、楽しく走行させましょう。

⇨基本ルールなどについてはコチラ