2022年12月10日(土)、11日(日):タミチャレクライマックス2022

2022.12.19

[会 場]
タミヤ掛川サーキット

[大会の様子]
年末恒例のRCイベントとしてすっかり定着した「タミチャレクライマックス」が、12月10日(土)・11日(日)の2日間、世界最大規模の全天候型RCサーキット「タミヤ掛川サーキット」で開催。全国各地のTRFプロジェクトショップで代表権を獲得した総勢223名の選手が集合しました。 タミチャレクライマックスは今年16回目を数え、掛川での開催も今回が4回目。参加選手は交流を深めながらイベントを楽しまれました。レースはツーリングカーの【GTクライマックス】と、女性ドライバー限定の【女子チャレ】等の6クラス。さらにエキシビジョンレースとしてTRFメンバーとGTクライマックスA参加選手が競い合う【Rally SHIZUOKA】も開催し、白熱したレースがおこなわれました。

[コンクールデレガンス選出者] ※別ページに掲載しています。


  • GTクライマックス3総合成績上位10名の選手
    優勝: 奥田 貴道
    2位: 臼井 義貴
    3位: 平野 輝
    4位: 青山 昌寛
    5位: 西田 智哉
    6位: 相澤 和昭
    7位: 長谷川 朋生
    8位: 井越 陵凱
    9位: 梶本 敏浩
    10位: 脇坂 英治


  • GTクライマックスfuture総合成績上位10名の選手
    優勝: 南川 碧海
    2位: 長谷川 椋平
    3位: 吉田 涼真
    4位: 若山 廉
    5位: 本田 蒼空
    6位: 小原 碧海
    7位: 塚本 悠太
    8位: 日中 春希
    9位: 長谷 青波
    10位: 酒井 源弥


  • GTクライマックス2総合成績上位10名の選手
    優勝: 嶋田 郁哉
    2位: 乾 易弘
    3位: 小林 広紀
    4位: 小林 稔
    5位: 伊藤 由紀夫
    6位: 籠田 智広
    7位: 小林 憲太郎
    8位: 吉村 文太
    9位: 宮川 勝
    10位: 石平 明洋


  • 女子チャレ総合成績上位10名の選手
    優勝: 吉村 ゆき
    2位: 五十嵐 ふわり
    3位: 木村 陽子
    4位: 田島 こころ
    5位: 坪井 真由美
    6位: 池田 茉
    7位: 大原 日佐美
    8位: 酒井 流香
    9位: 柿谷 美和子
    10位: 中村 志津子


  • GTクライマックス1総合成績上位10名の選手
    優勝: 木和面 晴貴
    2位: 今井 浩二
    3位: 森岡 南菜
    4位: 市場 光晟
    5位: 上野 祥
    6位: 浅井 渉
    7位: 山下 浩明
    8位: 松田 文信
    9位: 相澤 政樹
    10位: 川島 靖裕


  • GTクライマックスA総合成績上位10名の選手
    優勝: 冨田 和成
    2位: 荻原 慧
    3位: 鈴木 琢也
    4位: 篠沢 秋満
    5位: 住谷 洸樹
    6位: 藤田 和芳
    7位: 遠藤 竜太
    8位: 清家 潤巨
    9位: 森元 智宏
    10位: 瀬戸 英治
    TRF 河野 隆之


  • GTクライマックス3:決勝ラウンド、ポールポジションは平野輝選手のGT-R。緊迫の一瞬。スタート合図を待ちます。


  • ファーストコーナーから連続するS字へ突入。各マシン、コーナーマーカーシケインに気を付けながらクリアします。


  • 決勝ラウンドで単独14周を回り、GTクライマックス3クラスを制した奥田貴道選手のGT-R。おめでとうございます!


  • GTクライマックスfuture:サイドバイサイド!吉田涼真選手のMOTUL GT-Rと南川碧海選手のARTA NSX!熱いバトルを展開!


  • 1位、2位、3位、ともに14周をマーク。4分間の接戦を制し、優勝した南川碧海選手。おめでとうございます!


  • GTクライマックス2:S字を抜け、ストレートをフルスロットル!決勝ラウンドで14周をマークし、僅差で優勝した嶋田郁哉選手のGT-R。


  • 力強く右手を上げ、ガッツポーズで喜びを表す嶋田郁哉選手。GTクライマックス2クラス優勝、おめでとうございます!


  • 女子チャレ:ギャラリー注目の中、連続するコーナーへ突入。トップは吉村ゆき選手のGT-R、続いて五十嵐ふわり選手のBRZが追走!


  • 予選ヒート、決勝ラウンド、ともに安定した走りでラップを重ねた吉村ゆき選手。決勝では単独14周をマークし見事優勝!おめでとうございます!


  • GTクライマックス1:木和面晴貴選手のBRZと今井浩二選手のBRZ。テールトウノーズ、コンマ3秒差の競い合い。手に汗握る走り!


  • 接戦を繰り広げながら14周をマークしトップでゴール!優勝した木和面晴貴選手。おめでとうございます!


  • GTクライマックスA:TRF(タミヤレーシングファクトリー)河野隆之選手も参戦!アグレッシブな走りを披露。


  • トップを走る冨田和成選手のGT-Rを同じラインで追走する荻原慧選手のGR86。お互いハイプレッシャーの4分間!


  • ライバル選手の猛追を振り切り、コンマ2秒差で14周をマークした冨田和成選手。GTクライマックスAクラス優勝、おめでとうございます!


  • Exレース「Rally Shizuoka」:GTクライマックスA選手とTRF(タミヤレーシングファクトリー)メンバーの激しい走り。


  • GTクライマックス3の選手のみなさん。ご参加ありがとうございました。


  • GTクライマックスfutureの選手のみなさん。ご参加ありがとうございました。


  • GTクライマックス2の選手のみなさん。ご参加ありがとうございました。


  • 女子チャレの選手のみなさん。ご参加ありがとうございました。


  • GTクライマックス1の選手のみなさん。ご参加ありがとうございました。


  • GTクライマックスAの選手のみなさん。ご参加ありがとうございました。